檜原村エコツーリズムホームページをアップしました!!
http://hinohaland.tokyo/





檜原村エコツーリズム インフォメーションセンター
事務局機能・ガイド拠点・総合案内窓口として運営を始めています。
毎日ガイドが9:30~15:30におります。
お気軽にお立ち寄りください。
東京ひのはらんど〜檜原村エコツアー情報〜
檜原の情報と檜原村エコツアーガイドによるツアーをご覧ください。
< >
11月24日の杉の葉リール募集を再開します。
リンク先の2018年度プログラムで斜め線は
応募者多数のため
募集を締め切らせていただいています。

   

Event

   

 

 山藤旅聞先生の里山をフィールドにする試み 

中高一貫校の都立武蔵高等学校の山藤旅聞(さんとうりょぶん)先生と都立南多摩中等教育学校の青嶋先生、2つの学校の中学生・高校生と都立両国高等学校(2017年3月まで山藤先生が教鞭をとっていた)を卒業した大学生が2017年春から活動しています。
植物調査や森づくり、畑作り等を行いたいと要望があり、NPO法人フジの森が協力しています


ほぼ毎月1回30人~40人が訪れていますが、授業ではなく、参加者も他校の学生や大学生の友人も増えていてほぼ常連の人もいれば、毎回檜原村は初めてという人もいます。


畑が不得手なフジの森は人里の吉本昂二さん畑と指導をお願いしています。道具は森の手入れのために購入してあるトンガ、備中鍬、カマなど使っています。



吉本さんから説明を受け
畑を開墾します。
前回開墾した50坪の
畑の続きです。
人里の皆さまにご指導
いただきました。
学生×民間×自治体の協働による
「東京檜原オーガニックコットン」の
パイロット事業のスタートです。
まず、山藤先生・青嶋先生
がサクを切り畝の作り方を
教えていただいています。 
開墾が終わったところから
綿花の種を蒔きました。
中高生が電柵の周りの草刈りの
お手伝いをいたしました。
都会っ子はウドやフキの
山菜と刈る草の区別が
難しかったようです。
人里集落の皆様といろいろ
お話をしているところです。
大学生のオイネジャガイモを
育てたい!という希望を吉本さんが
叶えてくださいました。
季節外れの雪のため種芋の
植え付けが延び延びになり、
吉本さんの指導のもと谷本君と
行いました。
人里市で 山藤先生家族と
中高大学生がお手伝いを、
行いました。

                      

Information







Pick Up Contents